Aoi Industries
JD Razor MS-130A Road Racer キックボード改造 ドロップハンドル化

Tarzan 544号に掲載されていた大友克洋氏のイラストに触発されて、JD Razor MS-130Aをベースにドロップハンドル付きのキックボードをでっち上げてみました。

イラストではロードバイクの様にハンドルを引き付けたポジションで乗っている為、通常のキックボードの乗車ポジションとは異なり、重心がハンドルポストの真上に来る様なイメージでしたので、先般に作った異径の2輪化キットを移植して、ハンドルを安定させました。オリジナルとは違いますが、クレイジーな感じにはなってるかと思います。

イラストではShimano製と思しきデュアルコントロールレバーが着いていました。ワイヤー類は見当たらないので、機能は特に無さそうですし、高いものなので取りあえず省略です。Vブレーキ用のブレーキレバーでリヤブレーキを引けたら面白いですね。デッキ長が若干短く感じるので、10年くらい前にMicroから出てたらしいロングデッキを探すか、ニコイチで延長してみるか...
ハンドルもイラストではシャロー形状ですが、実際に組んでみると360mmの幅でも広すぎて間抜けに見えます。またクランプ径26mmのロード用のステムには短いものがなかなか無いので、ちょっと重いですが25.4mmのNittoの340mmのNJSバーを使いました。エンドを50mm位切ってます。ステムは0mmのものも有るのですが、ダウンヒルっぽいタフなデザインの重いものばかり。重量増を避ける為、Tioga X cubeステムを前後逆に付けてみました。Razorのポストは1インチなので、1インチ用のシムを介して固定しています。

MS-130Aはクイック付きです。ウィールは黒いEagle Sportsの110mmのメアルコアがイメージなのですが、売ってる所が見つからず。弊社取り扱いのYAKの100mmのメタルコアです。AKIRAの甲斐のバイクがこんなタイヤだった気が。

Copyright 2006-2017 Aoi Industries,Inc. All rights reserved. information on sklld@sklld.com