Aoi Industries
JD BUG MS-101SP + Easy Go 2
JD BUG MS-101SPにフロント2輪化キットEasy Go 2を組んでみました。普段の移動に使うべく、ウィールやベアリングを交換したり、ステッカー類を剥がしてみたりと、ちょこちょことやっています。ちょっと安っぽいかなと感じていた質感もピカピカにするとちょっと高級感が出て来ました。

2輪化キットに限らず、ベアリングやウィールの交換等、ご希望がございましたら是非ご相談下さい。可能な限り対応いたします。

Easy Go 2は無加工のままです。ウィールはVolcanix Fly Sports Court Comp 72mm x 76a。デフォルトのウィールよりも若干柔らかめ。リアのウィールはYAK 110mm x 78aです。ブレーキにぎりぎり干渉していませんが、個体によってはいけるかどうか判りません。クリアランスは2mm無いくらいです。ベアリングは前後3輪ともYak ABEC7 Precision Bearingsです。Bloggerの方で紹介したガタの抑制も含め、この程度まで手を入れると、静粛性と滑走性能共に大人が満足できるレベルになるかと思います。

MS-101SPのリアはデッキとインナーの二重構造になっていて、固定ボルトとウィールを外すと引き出せます。

110mmウィールが干渉する場合は、デッキとブレーキの干渉する部分を削る事で調整できます。削った分だけ、ブレーキが起き上がるというイメージです。またデッキとインナーを固定するボルトと開孔に若干遊びが有り、ブレーキを押し上げ気味にボルトを締めていくと、クリアランスが稼げます。固定には差し支えず、しばらく乗っていますがクリアランスは維持できています。

Micro Spriteベースのスリムショートデッキとの比較。Microの折畳みはクイックの有る2アクション。MS-101SPはスライドレバーのみの1アクション。ハンドルの伸縮は別ですが、MS-101SPは他のRazor同様に片手操作可能で小気味良いです。折畳みを開いた時のバシャッという音は若干玩具っぽいかも知れません。

Copyright 2006-2014 Aoi Industries, Inc. All rights reserved. information on sklld@sklld.com